関節や肌の悩みに効果的?「プロテオグリカン」という成分について

プロテオグリカンは多糖類とタンパク質が結合したものでもともと細胞内に存在している成分ですが年齢とともに体内生産量が減っていきます。その存在はかなり前から知られていましたが、有効成分の抽出が技術的に非常に困難なため、サプリなどの実用レベルに適さないほど高価でしたが、今世紀に入り日本で商品化に成功しました。

 

プロテオグリカンは関節や軟骨に多く含まれ、細胞同士のクッション的な役割を果たし正常でなめらかな動きを可能にするよう潤った状態にキープします。プロテオグリカンには成長因子が含まれるため、体の中に取り入れることで乾燥した状態を改善するほか、繊維芽細胞を活性化しコラーゲン増殖作用を強化するため、質のいい筋肉や内臓を作り出すサポートをします。プロテオグリカンは熱に弱いので、継続する場合サプリで補うのが効果的です。肌のうえから塗布するだけでも生理活性作用でアンチエイジング効果がありますが、ヒアルロン酸を超える高いプロテオグリカンの保湿力と新陳代謝を促進する効果で、痛みの伴う関節や軟骨の症状を和らげるほか、新しく作り出される際の重要な成分のひとつとなります。

 

ロコモ対策方法も参考にどうぞ。

 

薬とちがってすぐに痛みをとめる作用はありませんが、長期的にみて健康的な細胞を作る点で関節や肌の悩みの根本的な解決につながるのが利点です。プロテオグリカンは真皮層の奥に存在し肌の弾力を支える働きがあるので、たるみやしわなどの緩和にも効果があり、ターンオーバーを正常に戻してはりをよみがえらせるのでリフトアップなどの若返り作用が期待できます。柔軟な軟骨や間接を保つことは活動レベルにも影響し、健康的な動作を可能にすることでさらに新陳代謝が促進されます。

 

摂取することで特に副作用はない安全な成分です。このように特に加齢による関節や肌の劣化に優れた働きをするプロテオグリカンを一定の分量を普段の食事から摂るのは現実的に困難なため、サプリで補うのが効率的です。

肝臓の痛みの症状について解説!もしかして肝臓の病気?

肝臓には痛みを感じる神経がありません。そのため、肝臓そのものが痛むというよりも、肝臓の症状が原因で圧迫された他の臓器や、神経を通して痛みがあらわれることがあります。
肝臓がんでは、肝臓が右上にあるので、右側腹部や右肩などが痛むことが多いです。

 

初期症状では痛みは鈍いですが、がんが浸潤(隣の組織に侵入)すると、被膜が広がって、被膜にある痛覚神経が刺激されて痛みがあらわれることもあります。この時期には、どこが痛いのか特定出来ないけれども、疼くような痛みや肝臓が圧迫された感じを受けるケースもあります。
もっとも痛いと言われているのは、がん細胞が破裂したときです。破裂して出血が伴うこともあり、激しい腹痛と大量出血が起こって貧血状態になります。

 

他のがんではあまり見られない症状で、診断の手がかりになります。

 

末期になると、がん性疼痛という耐え難い痛みがあらわれるようになります。肝臓周辺の痛みだけではなく、遠い臓器にまで転移してあらゆる場所が痛くなることもあります。苦痛を取り除く方法として、モルヒネ、放射線療法などが使われています。

 

ただし、右上周囲が痛いからといって、必ずしもがんとは限りません。お酒の飲み過ぎや食べ過ぎなどで負担をかけていると、機能不全が起こって、他の臓器にも機能異常があらわれて、それによって痛くなることもあります。肝臓の状態を調べる方法として、足ツボを押して調べる方法があります。

 

太衝(たいしょう)のツボという部分で、足の甲の親指と人差し指の間の骨の部分にあるツボです。太衝は血を補うツボで、肝機能に不具合があると痛みを感じるようになります。また、肝機能を高めるために日頃から太衝のツボを刺激しておくと、機能が衰えにくくなります。

 

状態チェックも兼ねてツボ押しを実践してみると良いでしょう。ツボを刺激するときには、手の親指で揉むようにして両足のツボを痛気持ち良い程度の強さでマッサージすれば良いです。

 

肝臓に良い影響を与えてくれる成分としてはオルニチンが最近人気ですね。オルニチン配合のサプリメントも多く発売されています。

 

オルニチンについての解説